Movie Magic

アメリカ在住大学生が映画について熱く語っているブログ

Movie Magic

Movie Magic

アベンジャーズインフィニティーウォーのネタバレと次回作アベンジャーズ4を大胆予想してみた![考察と解説] (ネタバレ)

こんちくわ!Shygonです!

 

今回は今年最大の目玉作品で、いま勢いに乗っているマーベルスタジオの新作

 

アベンジャーズ インフィニティー・ウォー

 

を熱く語ります!

 

本作はマーベルスタジオ10周年を記念し、なんと予算1000かけるという前代未聞の作品です。

 

いままでマーベルを代表していたヒーローたちが大集結し、銀河を守るため戦います。

 

今回は本作の見どころを一挙に紹介したあと、様々な憶測が飛び交うアベンジャーズ4の大胆な予想をします。

 

最後にネタバレをしますが、その前に注意書きしているので、まだみてない方は見てからご覧下さい。

 

自由奔放なアメリカの映画館

日本の映画館で映画を鑑賞するのとアメリカの映画館では全く違います。

 

日本ではなにがあっても声を出してはいけず、もし声を上げると白い目で見られることが少なくありません。

 

しかし、アメリカは全くの逆です。

本作はここ最近ではスターウォーズ7に並ぶ期待感があったのでヒーローが登場するたびに拍手喝采

 

ギャグが決まるとみんなでゲラゲラ。そして、登場人物が不運に見舞われるとみんなでoh my godと嘆きます。

 

どっちが心地よいかは個人差あると思いますが、国民性の違いを見せつけられた気がしました。

 

では早速本題に移ります。

 

予想不可能なアベンジャーズ3とは!?

これからはネタバレが入ります。

 

本ブログでは詳細なネタバレはしませんので、内容がわかってないと理解できない箇所があるかもしれません。

 

アベンジャーズ最大の敵、サノスは部下を引き連れインフィニティーストーンを全6個集めるため全銀河を駆け巡ります。

 

ドクターストレンジ1(タイムストーン)

ビジョン1(マインドストーン)

ロキ1(パワーストーン)

コレクター2(リアリティーストーン、スペイスストーン)

以上の5つのインフィニティーストーンは本作の公開前から所在がわかっていました

 

しかし、本作で謎に包まれていた最後のインフィニティーストーンがわかったのです!

 

ガモーラが1個(ソウルストーン)

 

ガーディアンズオブギャラクシーの一員で殺し屋であったガモーラ最後のインフィニティーストーンの持ち主だったのです。

 

そして、ガモーラは本作最大の敵であるサノスの娘でもあったのです。

 

サノスは最終的にインフィニティーストーンを全6個集め、

指を鳴らすだけで半分の人間を破滅に追いやる力を持ち、実際にそうなりました。

 

そして、アベンジャーズたちも大打撃を受けます。

 

ドクターストレンジ、ブラックパンサーガーディアンズオブギャラクシー(なぜかロケットだけ生き残る笑)スパイダーマンをはじめ多くの主役級のヒーローたちが灰と化します。

 

このサノスのスナップでランダムで半分のマーベルヒーローが消えていってしまったのです。

 

そして、本作では多くのマーベルヒーローたちが死んでしまいます。

開始5分でロキ、ヘイムダルがサノスにコテンパにやられ、グモーラもサノスの生贄として命を落としてしまうのです。銀河のために命を尽くして戦った彼らに黙とうをします。

 

黙祷。。。

 

 

そしてこれからが僕のアベンジャーズ4の予想です。

 

 

アベンジャーズ4の大予想をしてみる!

全銀河の半分が消え失せる中、アベンジャーズも例外ではありませんでした。

なので、上記のヒーローたちは一瞬にして灰と化すのでした。

 

しかし、ここで僕は疑問に思うことがありました。

 

疑問➀ 消え去ったヒーローのほとんどの続編が決まっている

ブラックパンサーガーディアンズオブギャラクシーなどほとんどのヒーローは既に続編が決まっています。

 

本作で消え失せてしまいましたが、続編が既に決まっているのです。

どういうことでしょうか?

 

疑問 生き残ったヒーローは初期アベンジャーズ

生き残ったヒーローが以下の通りです。

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、マイティーソーなどです。

消え失せたヒーローが以下の通りです。

ドクターストレンジ、スパイダーマンガーディアンズオブギャラクシー、ブラックパンサーなどです。

 

まるで初期のアベンジャーのに気を使うかのように後輩アベンジャーズたちが綺麗に消え去りました。

一体どういうことでしょうか?

 

疑問 ドクターストレンジがやけにめちゃくちゃ知ってる

本作のカギはドクターストレンジなような気がします。彼が負けを認めストーンがサノスのものに渡るときこんなことを言っていました。

 

「これは終わりに向かう手段の1つだ。」

(英語での鑑賞だったため実際に日本語ではどう訳されているか知りません)

 

サノスとの最終決戦の前に予知を試みていたドクターストレンジですが、いつもとは違う反応をみせるなど彼の行動には謎が多いのです。

 

原作のマーベルコミックではドクターストレンジは非常頭が良く、彼だけが全てを知っているようです。

原作とは全く違う方向に向かっている映画ですがなにかのヒントになるようです。

 

上記の3つの疑問以外にも多くの疑問をこの映画で感じますが、ここで本作のプロデューサーであるケビンファイギのインタビューに目を向けたいと思います。

 

彼は本作のインタビューにてこんなことを言っていました。

「以前からこのアベンジャーズ3.4で誰かしらヒーローが死ぬと噂されているが、一度死んだヒーローは戻ってこないと答えているのです。

 

スーパーマンなどは死んだにも関わらず、次作で戻ってくるなど訳の分からんことをしますがそれはないと断言しているのです。

そうなると、もしサノスの指鳴らしで本当に彼らが死んでいたら既に決まっている続編はどうなるのでしょうか?

 

もちろんほかの人が新しくなんらかの形で演じるのも可能性としてはあるかもしれませんが、僕はサノスのスナップは現銀河から消すのであった殺すことはないのではないかと予想します。

 

もしかするといま映し出されている銀河とは違う銀河へ飛ばされているのかもしれないし、時空を超えてどこかへ移動したということも考えられるかもしれません。

 

時空を飛び越えたとなると、ランダムで消え失せたと言っていますが、きっちり初期アベンジャーズが生き残っているのも納得がいくのかもしれません。

先輩アベンジャーズと後輩アベンジャーズの対立が何かしら時空と関係してたら話が面白そうですもんね。

 

そして、やっぱりキャプテンマーベルのロゴです。

 

 

幻のアベンジャーズが登場か!?

おまけのシーンが毎回のようにあるマーベル映画ですが、

今回は最後にフューリーが出てきます。

彼もサノスの手によって消えてしまいますが、消え失せる前にキャプテンマーベルに助けを求め死んでくのです。

 

キャプテンマーベルとは一体だれなのか。

 

最後のシーンでのフューリーの携帯に映し出される謎の星マークがキャプテンマーベルのロゴなのです。

 

キャプテンマーベルは原作マーベルコミックに出てくる女性ヒーローですが、20年前、まだ現アベンジャーズが結成される前活躍していたヒーローです。

フューリーとその時に一緒に働いていたのですが、謎に失踪してしまうのです。

 

そこからの情報が一切無いのですが、現段階でわかっていることはキャプテンマーベルの単体映画が20189月付近(アメリカ公開)に公開されるのです。

 

彼女は間違いなくアベンジャーズ4に救世主として、アントマンとホークガイとともに登場するでしょう。

 

 

謎が深まるアベンジャーズ4の題名とは?

はやくもファンの間ではアベンジャーズ4の題名はなにかとネット上では多くの憶測が飛び交っています。

 

Last Avengersや、New Avengers などトニースタークとスティーブロジャースが引退し、ドクターストレンジをはじめとするヒーローたちが引き継ぐだろうと一部のファンは予想しています。

 

真相は全くわかりませんが、来年になれば全てがわかるということだけは現時点ではわかってます!

 

今年はマーベルスタジオからはアントマン2とキャプテンマーベル2作がアベンジャーズ4の前に公開されるのでそちらの2作に期待したいですね!

 

shygon.hatenablog.com

 

shygon.hatenablog.com

 

びぇ!