Movie Magic

映画の魅力とは何なのか。見解を交え、熱く語っているブログです。映画をもっと知ってほしい、もっと好きになってほしい。それだけを願うブログであるのです。他にも様々な分野にも綴っております。ぜひご覧ください

ベターコールソウルの魅力は?[考察と解説]

こんちくわ!shygonです

はじめに

今回はNetflix 制作ドラマベターコールソウルについて語ります!
このドラマはあのレジェンドドラマ、ブレイキングバッドのスピンオフドラマとしても知られています。


ベターコールソウルとは!?
ブレイキングバッドおなじみの悪徳弁護士、ソウルグットマン。 彼の輝かしい弁護士人生には果てしない長い道があったのだ。実は滑りのジミーを呼ばれ、バカにされていたのだ。果たしてどうして彼がソウルグットマンになったのか、彼がウォルターに会う前夜の話である。

やはりブレイキングバットのクルーがカムバックしており、彼らの過去も同時に描かれるため、ブレイキングバットのファンにとっては外せない作品であるのかもしれない。

いつくかのカテゴリーに分け、ベターコールソウルについて語っていこうと思う。


やっぱりキャラでしょ!
これはこの作品に限らず全てのスピンオフドラマに言えるが、前作のキャラがどうしてそうなったのか、それは知りたいものである。シンプルではあるが、このような部類の作品には欠かせない面白さ、醍醐味である。

 

  • ジミーマッギルas ボブ オデンカーク

彼は後のソウルグットマンである。ブレイキングバット当時は毎回服装が変わり、カラフルなスーツを着ているのが特徴的である
が、しかし出始めの彼はだらしないいまにも壊れた車に乗り、サロンの一室の事務所を構える、いかにも落ちこぼれである。
だが、昔から変わらない独特な喋り方は微笑ましい限りである。

 

  • マイクas ジョナサン バンクス

彼はブレイキングバット当時、何でも屋としても下仕事を担当していた者だ。彼の特徴である寡黙な上、やることがえげつないのは昔からであったらしい。彼には自分と同じ道に進んだ息子がいた。しかし、謎の殉職を遂げてしまう。彼の過去も洗いざらい知らされることになるのである。

 

 

スピンオフならではの楽しみが!
ブレイキングバットファンにとってもう1つ楽しみが!あるのです。

物語の途中にいきなり突然懐かしいお方たちが出てくるということ
例えば、あの世話のかかるジャンキーのトゥコ、サラマンカ、あのイカつい足にドクロをつけた双子などが出てくるのですよ笑

このようにいきなりくる嬉しさがあえうというのも1つの魅力でもあります。

 

ジョークの種類の引き出しの多さ!
とにかくこのドラマ、ジョーが多いのです。これはブレイキングバットには見られず、

新しい傾向のように見えますね。昔の映画の人物についてや時事ネタもあるようです。
どうやらこのドラマはブレイキングバットのようなスリルのあるような描写が少ないため、ギャグ方面にドラマの方向転換したのだと考察します。
なので、映画をよく見る方にはクスッと笑える魅力もあるようです
つまり、このドラマは完全に新しい層の閲覧者を確保しようとしていないと考えられるのです。

 

最後のダメ出し
このドラマ、はっきりいって前作のブレイキングバットには程遠い面白さです。
あのドラマの1つの良さである始めのシーンに全く話の関係ないようなストーリーを組み込み、興味をそそる。そして最終的に全てが点と点で繋がるカラクリを同じように演出しているが、

その効果が今ひとつなのである。
ただでさえ、ハラハラドキドキがない作品なのにここで興味を引かないとどこで引くのであるのか。。。
最後にこのドラマ勢いの波がないというのが一番の欠点である。

ブレイキングバットの場合スリルを含んだシーンがあるため作品の強弱がはっきりしていて見る側も存分に楽しむことができる。
しかしこのドラマの方向上、そのさじ加減が難しいためそこの温度取りに難色を示す、ファンも多いかと思います。まだ、どのような系列のドラマに仕上げるのか、方向性がしっかり決まってないように思えるのである。

これを書いている当時、シーズン2までストーリミングされています。これから面白くなることを期待している。ブレイキングバット自体も尻上がり式ドラマ(段々面白くなる)であるので、期待したいですね。

 

shygon.hatenablog.com

 

 

 

びぇ!